その流行 私は心の準備はできていた

女性の「ふんどし」が、ブームの兆しのようですね。

大手下着メーカー・ワコールからも、「ななふん」というショーツが出ています。
f0144493_1050279.jpg

締め付けないタイプのブラも、販売しているようです。
f0144493_10505389.jpg

この「女性用ふんどし」に対しては、男性の反応も賛否両論あるようです。

私は、受け入れられると思います。
(好みではないですが・・・)

女性のふんどし姿としては、かつての「宮沢りえ」や「田村英里子」を思い出す方々は、
完全にアラフォー世代ですね。

彼女達のふんどし姿は、当時それなりに、世の男にインパクトを与えたのですが、
それより10年以上前に、私に強烈なインパクトを与えた女性がいました。

それは・・・






漫画「激!!極虎一家」に登場した
私立極道(きわめみち)高校
生徒会副会長
枢斬暗屯子(すうざん あんとんこ)
f0144493_1052587.jpg

f0144493_10521819.jpg

「ふんどし」穿いてます。(男前です。)
それを見て、周りの登場キャラは、吐いてました。

名前の由来は、当時、日本で人気のあった、
アメリカの歌手・女優の
「スーザン・アントン」でした。
f0144493_10523516.jpg

この枢斬暗屯子、当時、小学生だった私と周りの友達にとって、
本当に、衝撃でした。

「犯したる!」

の台詞も、マネしてましたね。
教室内でも、叫んでいました。

今考えたら、まずいですよね。
     
     
[PR]

by zbat4481 | 2009-02-27 10:56 | DA WORLD  

<< 単なる“ねこまんま”じゃない スポンスポン や パコパコ な... >>