【女性必読】アンジェリーナ・ジョリーになる方法教えます。

まだ、アイオワ州にいます。

今日の晩飯は、ホテルの近くの
Buffalo Wild Wings(バッファロー・ワイルド・ウィング)」というチェーンレストランで、食べました。
f0144493_12324986.jpg

「バッファローウィング」とは、ニューヨーク州バッファローという町で発祥の、すっぱ辛いタバスコ風味のソースを、揚げた手羽先に絡めたモノです。

今日行った、「Buffalo Wild Wings」は、たくさんのビールを置いてある、スポーツバーのようなレストランです。

バッファローウィング(手羽先)が、店の一押しです。
f0144493_12331763.jpg

ソースも15種類あって、甘口から中辛、そして激辛まで、手羽先6個ごとに違うソースを頼めます。
f0144493_12333958.jpg

さすがに、激辛は避けて、辛口の「ホット」、「カリビアン・ジャーク」、そして「スパイシーホット」の3種類計18個をまず頼みました。

味は、美味しいのですが、ソースが辛い!
久しぶりに、涙目になるくらいの辛い食べ物を食べました。

ソースが、結構べったり絡んでいるので、食べていると、口の周りにも、ソースが着きます。

唇がみるみる熱くなり、実際に、唇自体も厚くなっていいる気がしました。

これを、しばらくつづけたら、きっと、「アンジェリーナ・ジョリー」のような、セクシーリップになれるんじゃないかと思いました。(私は、もともと結構な“たらこ唇”ですが・・)
f0144493_12335469.jpg

女性の方は、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

最初のオーダーが、あまりに辛かったので、追加オーダーは、甘めの「テリヤキ」と「パルメザンガーリック」にしてみました。
そうとう甘く感じました。でも、美味しかったです。

話は戻りますが、私が思うに、あまり女性の唇が厚いのも、女性が思うほど、男性は、セクシーに感じないのではないでしょうか?
アンジェリーナ・ジョリーの唇は、ちょっと行き過ぎの範囲に入ってると思います。
何事も、ほどほどが良いのではないのでしょうか?
[PR]

by zbat4481 | 2008-02-27 12:37 | DA WORLD  

<< 出張から帰ってきました 0度を超えていれば、暖かいと思... >>