ハチミツとクローバー

ドラマや漫画の話では全く無いので、タイトルにつられて、期待している人は、読まないほうがいいですよ。

今日、野球の練習をしました。
春の訪れのサインなのか、やけにミツバチがたくさん飛んでいました。

外野の守備につく時に、右手首にピリッとした痛みを感じました。
ミツバチに刺されました。
f0144493_1342209.jpg

腹の辺にミツバチが停まっていたのを、気づかずに、グニュってハチを刺激してしまったようです。

まず、ハチのアレルギーによるショック症状、「アナフィラキシーショック」を想像して、怖くなり、一生懸命、刺されたところから、毒を吸い出そうとしました。

でも、毒蛇に噛まれたわけではないので、目に見えて、血も出てきません。

こうゆう時って、他人は、人の痛みなんて、全く理解してくれませんね。
周りの人に、「ハチに刺された」っていっても、「へ~」って言うばかりで、特に、何もそれ以上のリアクションを取ってくれませんでした。

春の訪れを感じる季節に、世間の冷たさに心には、木枯らしが吹きました。

ちなみに、ミツバチに刺された時の対処法です。

・ミツバチの針をつまんで引き抜こうとすると、さらに毒液を体内に注入することになるので、
 人差し指と親指を使い、爪ではじき飛ばすように除去するのが有効なやり方です。
・刺傷部位を絞っても、ハチの毒液はほとんど除去されません。
[PR]

by zbat4481 | 2008-03-17 13:44 | DA WORLD  

<< この春のヘビーローテアイテム ... 顔のことはミッフィーちゃんで >>