それでもボクはやってない

最近、日中は暖かくなりましたが、朝晩は、意外に冷えます。

そんな時期ですし、お洒落のつもりで、スプリングコートを会社に着て行きました。
f0144493_129935.jpg


「小学校の通学路に行くの?」

とか言われました。

いやいや、普通にお洒落なステンカラーコートでしょう!

「私のコート」=「露出狂男」という安易なイメージは、どうやったら払拭できるのでしょうか?



また、さっき、仕事場のトイレに行きました。
個室のトイレです。

私が入った時、その前に入った方が、そうとう強烈な置き土産をしていってました。

私にしても、小便をする間、極力呼吸を止めるのに苦労をして、早々と立ち去ったのですが、
次に入った人には、私が異臭騒ぎの「サイバーテロ首謀者」の様に思われてしまいました。

ボクはやってない!

完全に冤罪です。

(「冤罪」とは「無実なのに犯罪者として扱われる事」)


最後に、ネバエンの「え~っ、そうだったんですか?」のコーナー

昔、冤罪と同義語の「濡れ衣」の事を、

「濡れ犬」

と、思ってました。

いわれの無い容疑をかけられて、寂しそうに「俺じゃないっすよ・・・」とたたずむ、ずぶ濡れの犬の姿をイメージしていました。
f0144493_1294391.jpg

「お・・俺じゃないっすよ・・・」(プルプルプル・・・)

ある意味、これも合ってるのではないですか?
[PR]

by zbat4481 | 2008-03-22 01:47 | DA WORLD  

<< ネバエンの「これ観てみてくださ... ばななん ばななん ば~な~なん >>