「ほんとにあった怖い話」略して「ほん怖」

寝る前に、“大人の鬼太郎”と言われている「墓場鬼太郎」を観て寝たのが原因なのか、

どうも、昨晩は、ホテルで寝付けませんでした。

2時間の時差があるので、早く寝ても寝付けないのは分かりますが、部屋の時計を見ると既に2時を回ってました。

ちょうどそうしていると、なにか、体が重くなって来ました。
眠りに入る前の虚脱感とは違い、何か全体的に体が軽く痺れ、手を動かそうとすると、重力が余計にかかるような感覚になりました。

金縛りにあったことは1度もありませんが、なにか「金縛りの予兆」の気がしたので、早めに対処しないといけないと思い。

気持ちを強く持って、「この野郎!ナメるな!」と心の中で

「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」

と念じ、丹田に氣を集中して、体に力を入れて、動かしました。
最近注目の「加圧トレーニング」の様な効果で、妙に体が熱くなり汗がでました。

体の痺れは収まりましたが、なにか気持ち悪いので、いつもしている水晶の入ったパワーストーンのブレスレットを、右手にはめて寝ました。(左手は「パワー蓄積」、右手は「パワー放出」と言われてます。)

その後は、何もなく、眠れました。

あれはなんだったのでしょうね・・・・(<=「ほん怖」風)

今夜から、部屋に塩を置いておくことにします。

ほんとにあった怖い話」<=フジTVのウェブサイトです。
[PR]

by zbat4481 | 2008-03-24 22:58 | DA WORLD  

<< ネバエンサマーの「テンションの... まだまだ寒いんですね・・・場所... >>