「ほん怖メンバー」よりの研究報告

先日、出張先のホテルで、滞在初日の夜に、「金縛りの予兆がした」という話を書きました。

やっぱり、その次の日の夜、寝る時、怖いような、気持ち悪い感じだったので、よく言われる「塩で清める」方法を実践してみました。

塩は、ホテルのカフェテリアに置いてあった、小さい袋に入っている塩を、大量にくすねてきました。
f0144493_644879.jpg

本当は、和紙なんかが良いのかも知れませんが、とりあえずティッシュで代用。

結界を張る意味で、盛り塩を部屋の4隅に置いてみました。
f0144493_6442530.jpg


その結果、2日目の夜は、何事もなく、ぐっすり眠れましたし、特に怖い事もありませんでした。

実際に、塩が効いたのかは、分かりませんが、「塩で清めた」という安心感が、気分を楽にしてくれた事は確かですので、もし、旅先で、ちょっとへんな雰囲気がする部屋に泊まった時は、お試しを。
(ほんとうに、洒落にならないレベルの気持ち悪さを感じたら、部屋を変えてもらいましょう)

今日、外出中に、ルームメイドのおばちゃんが、部屋を掃除してくれましたが、盛り塩は、残っていました。

メイドのおばちゃんは、変に思ったことでしょうね。
それでも、気持ちの問題なので、あと2日、滞在中は、盛り塩を置き続けようと思います。

以上、「ほん怖メンバー」の研究報告でした。
[PR]

by zbat4481 | 2008-03-26 06:46 | DA WORLD  

<< 一応、ミネアポリスに来ています・・・ ネバエンサマーの「テンションの... >>