「KYって知ってる?」っていうトークはやめようよ。そんなに話は膨らまないから・・・

もはや、ほとんどの人が知っている「KY」という言葉。
もう、あえて意味を説明するのも、逆に恥ずかしいです。
そんな中でも、まだ「KYって知ってる?」なんて会話を切り出す人がいます。
これって、キツイですよね。
f0144493_265258.jpg

KYをしってるとなると、「じゃ~“PK”って何か知ってる?」なんて感じで、「KY式日本語」ネタで話を膨らませようとします。
f0144493_271337.jpg

正直、そんな既に使われているローマ字略語の知識自慢をしても、「へ~そうなんだ」って言うくらいしかないです。

“KY”とかの略語は、親しい仲間内でしか通じない暗号を使うことで、仲間以外の人と差別化を図り、仲間意識を確認するもんだと思います。

一番面白い使い方は、仲間内で共通の敵みたいな存在の先生や上司などに、ローマ字略語を付けて、そのボスキャラに微妙に気付かれずに、悪口を言うなんていう事ですか。

「あのHG(ハゲのギョロ目)、本当にKK(加齢臭キツイ)だよね。」

出来るだけ、暗号の様に広まってないような略語の方が好都合です。

でも、これだけローマ字略語が、流行ると、下手すると悪口言われている相手が耳にした時、「えっ何の事言ってるの?」なんて食いついてくる事もあります。

そんな時の為に、「セーフティーコード(安全な暗号解説)」も用意していた方がいい。

上の例題では、例えば、

「“(芸人の)HG、本当にKK(ケツのラインが綺麗)だよね。”って意味ですよ。」

くらいは、用意していたほうが良いでしょう。
(なんか、スパイみたいになってきたな)

まあ、どちらにしても、「KYって知ってる?」的なトークを振られるのは、私としてはツライです(WTです)。
さらには、大喜利的に、「そのお題で、面白いコメント返してよ」みたいな空気になると、本当、WTです。(<=流行らそうとしてる?)

先日は、逆に質問返しで、こういってやりました。
「じゃあ、JMってわかる?」

「う~ん、“冗談真に受ける”?」

「違いま~す。JMとは、“ジョン万次郎”の事です。」
f0144493_29615.jpg

シ~~~ン (あれっ?BKK?)

(ヤバイと思い)「あっ違った違った、JMは、“ジョーダンズ三又”の事だよ。」
f0144493_29237.jpg

*現在は「三又又三(みまたまたぞう)」

(さらに)シ~~~~~~~ン 

完全にSD(スベッてどツボはまる)です。

冗談だよ、冗談。♪J・O・D~(溜めて~)A・Nッ!♪
[PR]

by zbat4481 | 2008-04-13 02:14 | DA WORLD  

<< お約束なので・・・期待してる人... 男って何気ない事にドキッとする... >>