そこを間違える事はないでしょうよ~

昨日、映画でも観ようと、DVDをレンタルしました。

特にこれといった新作が見当たらなかったので、ジム・キャリーがシリアスな役をする、サスペンス映画の「ナンバー23」というのを借りました。
f0144493_0473434.jpg

家に帰って観ようとケースを開けると、なにかタイトルが違う。

どうやら、店員が間違えたタイトルを渡したようです。

間違えて渡された映画は、「ブラッドウルフ」というタイトルでした。
f0144493_0483910.jpg

新作の部類らしいですが、聞いたことね~よ!

そのまま取替えにビデオ屋に行くのも、なぜか損した気分だったので、その間違えて渡された映画を観てみました。(<=セコいと思うでしょうが、皆さんもそうしません?)

そして観たのですが、まぁ~つまらない映画でした。途中でやめりゃ~いいのに、最後まで観てしまい、その後、ビデオ屋へ取替えに行きました。

店員に、「すみません、さっき借りた映画が、違ったモノでしたので、取り替えてください。」と言いました。

店員の兄ちゃんも、「すみません、すぐに取り替えます」と、良い対応をしてくれました。

「それで、映画のタイトルは何でした?」

その時の私は、タイトルをうろ覚えだったのですが、「23」だけは頭に残ってたので、

「たしか、“23(トゥエンティースリー)”でしたけど・・・」と言うと、店員の兄ちゃんは、その映画を知らなかったんだと思います、

「えっ? “23”? “24(トゥエンティーフォー)”じゃないですか?」なんて聞き返されました。

(心の中で)
いやいやいや、さすがに超メジャーな「24」を間違えて「23」って言わないでしょうよ~。
だいたい、お前より、キーファー・サザーランドを昔から知ってるよ。
お前は、「YOUNG GUNS(ヤングガン)」の時を知ってるんか?
f0144493_0501964.jpg

(と、叫んでました)

「ジム・キャリーの出ている“23”って付くタイトルの映画です。」と説明して、なんとか、正しい映画を借り直せました。

こんなゴタゴタがあった為、余計に映画に対する期待が高まってしまいました。

そして、観た結果・・・
内容は、イマイチでした。
[PR]

by zbat4481 | 2008-04-28 01:02 | DA WORLD  

<< 俺は、誰がなんと言おうと、これ... 飛び出す仲間達、大集合~! >>