時代 by 中島みゆき

昨日、振り返りざま、ふと・・

「親父っ?!」

って思いました。

確かに、子供の頃の記憶にある親父の匂いがしたのです。
でも、その場に親父がいるわけも無く、なにか「虫の知らせ」かとも思いましたが、すぐに、それが自分の匂いだと理解できました。

知らず知らずに、私も、親父の香りを醸し出してきていたのです。

まあ、要は加齢臭です。

俺も、親父に追いついたんだなと感慨にふけっていたら、ちょっと待てよ、ある場面が頭をよぎりました。

去年の夏、実家に帰ったとき、居間に入った時、

「じいさんっ?!」

って、死んだじいさんの匂いを感じました。
季節もお盆だったので、「じいさんが里帰りしたのかな?」と思いましたが、匂いの元は、親父でした。

まあ、要は老人臭です。

親父に追いついたと思いましたが、甘かったです。
「まだまだ若いもんには負けないよ」と親父に言われたような気分になりました。

♪まわるまわるよ 時代はまわる~♪
BGMで聴いてください。
[PR]

by zbat4481 | 2008-05-24 03:31 | DA WORLD  

<< THE JOSHUA TREE... 世話になった前任者 >>