その螺旋の起源には、想像を超える歴史があった

先日、同僚のアメリカ人が、私にピッタリの携帯ストラップがあると言う事で、下記のサイトのリンクを送ってきました。
Japanese Lucky Golden Poo 
ページを見てみると、開運のお守りとして、「金のうんこ」のストラップを紹介していました。
f0144493_14391278.jpg

同僚のアメリカ人は、「金色の巻きグソ」に、たいそうウケておりました。

なんで、巻きグソが、俺にピッタリなんだよ?

という疑問以上に、この「巻きグソ」という、ウンコの形状は、日本独特のモノなのだろうか?

という、知的好奇心が沸々と湧いてきました。

そこで、ネットで調べてみますと、しっかりと研究している人のサイトがありました。

黄金の螺旋は何処から来たのか~巻きグソの起源【和式】~

私の予想では、漫画の「まことちゃん」での表現が、その起源だと思っていました。
f0144493_14392863.jpg

確かに、その情報も、解説には書かれており、一般的に、さらにその後の「ドクタースランプ」の出てくる「うんち君」で、全国区になったと書かれておりました。
f0144493_14394559.jpg

そして、興味深い情報として、江戸時代に蛇のパロディーとして、「巻きグソ」が描かれていたそうです。

さらに、そのサイトでは、「巻きグソ」の起源を、西洋に見い出したとの研究結果を紹介しております。

黄金の螺旋は何処から来たのか~巻きグソの起源【洋式】~

そこでは、最古の「巻きグソ」画像を紹介しております。

フランスの版画家、ベルナール・ピカール(1673~1763)の作品
「調香師」
f0144493_14403030.jpg

図版・解説参照「うんち大全」 より 
「香水製造業者(実際、香水には微量の便臭成分が含まれることがある)をパロディ化した版画であるが、これが現在、確認している最古の巻きグソである。」

結論として、300年以上前に、世界で同時多発的に、「巻きグソ」の表現方法が誕生したと、語っていました。

私の想像以上に、歴史があり、深い話になってしまいました。

しかし、私の人生の中で、リアルな「巻きグソ」を見たことがありません。
子供の頃、何度かトライしたのですが、「し」の字型にするのが精一杯でした。

死ぬ前に、リアルな「巻きグソ」を見るか、自分で作ってみたいですね。
[PR]

by zbat4481 | 2008-05-27 14:42 | DA WORLD  

<< 正直言って、そうとうテンション... THE JOSHUA TREE... >>