最近好んで使ってる漢(おとこ)言葉

よく私のもとには悩める男性から
「もっと男らしくなりたいのですが・・・」
というお便りをもらうとかもらわないとか。

「男らしく」なりたければ、末尾の「・・・」は止めなさい。

男らしく見られたければ、「断言」しないといけません。

そこで、さらに断言を強調する、最近私が気に入っている「漢(おとこ)言葉」をお教えします。
漫画の「覇 -LOAD- “超”〔三国志〕 」(作:武論尊、画:池上遼一)の登場人物の男達が使う台詞まわしです。
f0144493_00306.jpg

断言する力強い台詞の語尾に「い」を着ける事で、もう一歩相手の心に踏み込むような濃密さが生まれます。

例えば、マラソン中に、一緒に走っている友達が、弱音を吐いています。
「もう走れないよ~」

そこで一言。
f0144493_004687.jpg

「お前たちはただ疾れ!何が起ころうが振り向くな!一気に疾れ!」

言われた相手は、もう足が折れても、肺が潰れても、走り続けるでしょう。
(本人は、走ってないですが)

また、付き合ってる彼女に、
「ねえ、今月アレが来ないの~」
と言われた時、

間違いなく、心臓バクバクでしょうが、表情に出さず、言い放ってあげましょう。
f0144493_014976.jpg

「産め!“命”とは“希望”・・・父親が誰であれ、“母”となる喜びを知れ!」

もう、こんな事を言えたら、人生の男勝負の勝者です。
(「父親が誰であれ」の部分は、言わないほうが良い場合が多いですので、気をつけて)

どうです?
男らしさを学べましたか?

さあ、今日からネバエンサマーに学べ
そして、漢(おとこ)言葉を使え!!
[PR]

by zbat4481 | 2008-06-05 00:06 | DA WORLD  

<< 土俵が違えば横綱も違う 誰だって無性に苛立つ時があるさ... >>