いつまでたっても慣れませんわ

昔、子供の頃、学校帰りに、それほど仲良くない友達と帰り道で一緒になり、

「それじゃあね。」

と挨拶をして分かれたのに、しばらくすると、また、ばったり会ってしまって、気まずくなった事ってありますよね。
その後、結局、同じ方向にしばらく帰ることになり、相当気まずい気分になった記憶があります。

何でも言えるような親しい友達だったら、普通に、「お前、どこまで?」とか言って、普通に一緒に帰れるので、こんな事ないのですが、微妙に仲良くない知り合いぐらいの関係が、最も性質が悪い状況を生みます。

誰にでも、そんな経験があると思いますが、大人になってもありますよね。

私も、また、そんな気持ちになりました。

スーパーで、顔見知りの知人に会い、まあ、とりあえずの世間話を一通りした後、

「それじゃあ、失礼します。」

と、その場で、別れて、私も気を使って、少しゆっくり買い物をしていました。

それで、レジに並んでたら、まだ、さっきあった知人が、隣のレジに並んでいました。

エーッ!俺の気遣いが全く分ってないよっ!!

同じ列なら、まだ「また会いましたね。」とか言って、話せますが、
隣の列のレジに並んでる所を、話しかけるほど、話すネタもないし、
困ってしまい、なんか、バツが悪い気分になりました。

こうゆう時って、どんな対応が良いのですかね?
どうも、変に気を使ってしまって、そうゆうシチュエーションは苦手です。
[PR]

by zbat4481 | 2008-06-09 13:12 | DA WORLD  

<< アスリートの観点からアノ問題を斬る すげ~クリソツ!  ・・・40... >>