この機会に、逆に、普及させてしまいたい

夏と言えば、カブトムシですね。

私の少年時代、私も含め、周りの友達は、カブトムシのメスの事を
f0144493_2292038.jpg

「ブーチン」と呼んでいました。

先日、そんな話になり、私が「ブーチン」と言ったら、その場にいた、誰にも通じませんでした。
それって、本当に局地的な通称であり、まったく全国区な呼び方ではなかったのです。

へ~、知らなかった。
ある意味、新鮮な発見でした。

ネットで調べたところ、「ボウズ」「ゴリメス」「ブタ」「ウマ」「ぼんさん」など地域によって様々でした。

クワガタのメスの呼び方も調べてみたところ、ある地域では、「ブーチン」と呼んでいました。
その他、「コッペ」「ダルマ」「フッコ」「ババ」「あつもり」など、こちらも様々ありました。

そして、我々は、クワガタのメスの事は、「(クワガタの種類)○○○のブーチン」と呼んでいました。

子供の頃は、クワガタのメスを見て、種類の見分けができました。
「あっ、コクワ(ガタ)のブーチンだ」とか「これは、ヒラタのだ」など、言い当てられたものです。(今は無理でしょう)
f0144493_2293994.jpg

私は、比較的丸っこい形のノコギリクワガタのメスが、大きさ的にも“おあつらえむき”で好きでした。

参考ページ:「~メスのクワガタの見分け方~
                                         
                                  
[PR]

by zbat4481 | 2008-07-13 02:32 | DA WORLD  

<< 最近思うこと これが俗に言う“冷房病”ってい... >>