源流を味わうのも、またオツなものですな~

先日、ナポリピッツァ(<=あえて“ピッツァ”と呼ぶ)のドキュメンタリー番組をテレビでやっていたので、観ていました。

ナポリピッツァに欠かせない食材のモッツァレラチーズの話もしてました。
モッツァレラチーズは、本来、水牛のミルクから作られるのですが、現在は、価格と原料調達の観点から、牛のミルクから作るモッツァレラチーズが、一般的になっているということでした。

なんか、そのエピソードが、私の中でひっかかり、どうしても、水牛のミルクで作った、モッツァレラチーズが食べたくなりました。
近所のオーガニック食品を扱っているスーパーで、見つけました。水牛のミルクで作ったモッツァレラチーズ。
f0144493_143158.jpg

f0144493_1433239.jpg

早速、食べようと、シンプルに、トマトスライスと合わせてみました。
タレは、私の特製のイタリアンなモノです。

材料は、以下の通り。

オリーブオイル:  適量
練りニンニク(チューブ物でよい):  少々
バルサミコ酢:  オリーブオイルの半分くらい
塩:  少々
ドライバジル:  少々
米酢:  お好みで少々

普通は、ナポリ風にすると、北イタリア特産のバルサミコ酢は入れませんが、私が好きなので、入れました。
ちょっと、盛り付けは雑になりましたが、完成品。
f0144493_1434910.jpg

感想は、水牛のミルクで作られたモッツァレラチーズの方が、味が濃厚で、明らかに美味しかったです。
出来れば、次からも、水牛のミルクで作った方を買いたいです。
でも、通常の2.5倍くらい価格が高いんだよな~。

皆さんも、是非、機会があれば、本当のモッツァレラチーズ(水牛のミルク製)を試してみてください。

それでは、ま・・「ちょっと待ったぁぁ~~っ!!!」

誰ですか?

「おいおいおい~、ネバエン君、グルメ関係のネタの時に私を呼ばないのはおかしいだろう。まさに、“霜降り信仰”ここに極まれり、と言いたい。」

なんなんスか、北大路エロ山人さん、訳分からないこと言って。
今回は、呼んでないので、遠慮してください。

「いや、一言だけ言わせてくれまいか?」

“くれまいか?”って・・・・ じゃあ、一言だけですよ。

「うむ・・・“黒い猛牛”と呼ばれた故・バッドニュース・アレンは、プロレス転向前は、本名のアレン・コージの名で、モントリオール五輪、柔道で銅メダルを取った実力派で、ガチのファイトでは相当強かった。と、モッちゃんが言ってたよ。」

長っがーッ!
誰っ?“モッちゃん”って?!
結局、モッツァレラチーズの薀蓄は、な~んにもないわけですね。

聞いて損しましたわ。もう、しばらく登場しなくていいです!
             
             
[PR]

by zbat4481 | 2008-07-14 14:13 | DA WORLD  

<< 最近、肛門の締りが悪くなってきました 僕はここにいる >>