心底ダサい男の典型の歌だよ

私の友人のブログ「さんだる日記」の中でも、連日「南ちゃんを探せ!」的な記事がアップされてます。

まあ、私の周りでは、事あるごとに、このように「逸材」探しをします。
そんな我々には、ちょっと信じられない「夏の歌」の話。
f0144493_2254427.jpg

「夏の歌」関連のカラオケ人気楽曲ランキング表TOP20】というものが発表されました。
f0144493_2265173.jpg

※調査期間 平成20年6月
※上記のランキングは、通信カラオケDAMシリーズ全機種の歌唱度数によるものです。

意外な事に、1位は、「夏の日の1993」となっています。
この曲、私も、歌詞をちゃんと知るまでは、好きでしたよ。
でもね~・・・
歌詞を、噛み締めれば噛み締めるほど、主人公の男のダサさが、嫌になります。

夏の日の1993」の歌詞

まるで別人のプロポーション
Ah 水際のエンジェル
君は初めて僕の目に見せた 
その素肌そのセクシー

超高層ビル 走るハイウェイ 
Ah 銀色のプール
ざわめく街を切るように君は
トビウオになった

ドラマティックにSay Love
ミステリアスにSo Tight
こんなに一緒にいたのに

1993 恋をした
Oh 君に夢中 
普通の女と思っていたけど
LOVE 人違い
Ohそうじゃないよ 
いきなり恋してしまったよ
夏の日の君に

服の上からは計れないね 
Ah 色っぽいチャーミング
僕の視線を避けるようにいたね 
意識してしまう

スキャンダラスに Say Love  
ダイアモンドにSo Tight
宝の山だよすべてが

1993 ジェラシーさ 
Oh 君に夢中 
僕には合わない人だと思った
Love 今日からは 
Oh とんでもない 
不思議な気分にとまどうよ
夏の日の君に


まあ、要約すると、特に女として意識していなかった子が、着やせするタイプで、プールで水着になったら、予想以上のダイナマイトボディーで、一気に好きになってしまった。って事だろ?
f0144493_2272816.jpg

俺だったら、ぜ~ったいにこんなヘタ打たないね。

「僕には合わない人だと思った」と言ってるように、基本的に性格的な相性は合ってないみたいだね。
でも、「肉体で好きになる」のは、まあ許すよ、俺も男だからさ。夏だし。
(でも年内で別れるね。)
それだったら、基本的に、服の上からでも素材を見抜こうよ!
それが、「男を磨く」ってもんだぜ!

俺は、そこの自分磨きの甘さを堂々と臆面もなく、「良い恋してます」的に、さわやかに歌い上げられる事が、腹が立つ。(さらに、それをチヤホヤされていることにも)

俺みたいに、「エログロ」を自覚して、その上で、たまには、「さわやかなトキメキをください」と言っている方が、正しいだろう!

でも、「世間はそうじゃない」という結果が出た事が、なにより悲しい。
       
       
[PR]

by zbat4481 | 2008-08-14 02:38 | DA WORLD  

<< 彼こそは史上最強のホケツです 師匠お願いします。 >>