LRと言っても今話題のSPEEDO社製のアレではありません

今回の話の「LR」というのは、「レーザーレーサー」ではなく、私の所属する草野球チーム「Lurch Roses(ラーチ・ローゼズ)」の事です。

久しぶりに、試合用のキャップを作りました。
f0144493_15353173.jpg

これは試合用で、ごく基本的なノーマルなデザインです。

今回は、もう1つ練習・ポストゲーム用として、メッシュキャップを作ってみました。
f0144493_15355272.jpg

Ed Hardy」で火がつき、ストリートでも流行中のメッシュキャップは、一見野暮ったい感じですが、予想以上に良い出来に仕上がりました。
実は、そうとう気に入っています。

ところで、草野球チーム名「Lurch Roses」の名前の由来ですが、昔チーム名を決める少し前に、その当時同じチームにいた若手の発言に由来します。

その若手は、ある時、いきなり私にこう言いました。
「ネバエンさん、女ラチりたいですね~。」

おいおい、さわやかな日曜日の球場で何を言い出すんだと思いましたが、そのフレーズが妙にインパクトがありました。
その若手の中では、「女を拉致る」=「女性と飲み会する」くらいのレベルノリだったようです。(一応、そうしておきましょう)

結局、チーム名の候補に「拉致ろうぜズ」が有力になり、そのままでは、あまりに危険だから、英語に当て字をしてみようとなり、いろいろ当てはめた結果・・・

「らちろうぜズ」=>「Lurch Roses(ラーチ・ローゼズ)」となりました。

こんな由来は、やはり対外的には、おおっぴらに出来ません。

だから対外的には、「Lurch=傾いた Roses=薔薇」=>

「“たとえ傾きかけていても、薔薇のように気高くいよう”という意味です。」

になっています。
    
     
[PR]

by zbat4481 | 2008-08-16 15:41 | DA WORLD  

<< 問題、ジャジャンッ♪ イカの足... 彼こそは史上最強のホケツです >>