<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

コンピューターも電気羊の夢を見るのか?

今日のタイトルは、名作SF映画の「ブレードランナー」の原作の日本語タイトル「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?」から来ています。
f0144493_1555558.jpg

コンピューターを使って、このようにブログを書いたり、日常のメールを書いたり、いろいろな書類を書いたりしますが、日本語変換の際のワープロ機能っていうのが、学習機能も付いてきて、随分、賢くなってきたと思います。
一発変換で、いろんな単語が出てくるようになったり、よく使う単語から、変換の際に、候補が出てくるなど、技術の進歩で、便利になってきました。

しかし、この変換機能は、まだまだ性能が追いついてきていないような、バカな変換をしてくれます。

以前からなんですが、私が「以上」と打ちたくて、変換すると、必ず1回目の変換は「異常」と出てきます。もう、嫌がらせに近いです。ここまで細かい“テンドン”されても、笑えません。

昨日も、まじめなメールを「小松敏郎」さんという方宛てに書いていました。
「こまつとしろう」と打ち込んで、変換したところ、出たのが、

「小松と四朗」

きっと私だけのツボなんでしょうけど、その文字を見て、
f0144493_157260.jpg

小松政夫と
f0144493_1571775.jpg

伊東四朗のイメージが浮かんで、2人が一緒の「笑って笑って60分」のコント「小松の親分さん」を思い出してほくそ笑んでしまいました。

その後しばらく、頭の中は、「ずんずんずんずん、ずんずんずんずん、小松のおお~っやぶん♪」や「ニントスハッカッカ、マー! ヒジリキホッキョッキョ!」などのフレーズが、映像と共にぐるぐると回っていました。
(余談ですが、当時、小学校の同級生の西脇は、「ニシツキカッカッカッ♪」と呼ばれてました。)

このような、変換は、もはやコンピューターが進化しすぎて、私の好みに合わせて、ボケをかまして、コミュニケーションを図ろうとしてるんじゃないかとすら思いました。
こうゆう所から、もしかすると、コンピューターもアクシデント的に、自立思考機能というか、感情が生まれてくるって事もあるかもしれませんね。

そんなわけで、たまにあるワープロのバカ変換も、ど~かしとつ、なが~い目で見てください。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-30 02:03 | DA WORLD  

ネバエンの、これ聴いてみてくださいよ♪

最近、MP3でもらった曲で、みょうに私のハートをヒットした曲があります。
「真夏のオリオン」by INFINITY 16 Wlecomz MINMI, 10-FEET
f0144493_091653.jpg

いわゆる、ジャパニーズレゲエですが、特に、歌詞が良かったですね。
付き合う直前くらいの男女の恋愛と、その時の男女のちょっと滑稽とも取れる行動と心理描写が、微笑ましいくらいに上手に描かれています。
曲調も耳障りでなく、心地よく聴けます。MINMIの歌声もいいですね~。

いまさら夏の歌を紹介するな。という人がいると思いますが、それは、ネバーエンディングサマーの真骨頂です。まだまだ、夏は終わってませんよ。

この曲は、なにか、かつての「Hot Dog Pressの恋愛マニュアル」的なエッセンスが、多分に含まれています。
f0144493_093242.jpg

f0144493_094797.jpg

私は、好きですね~、ベタですけど、そうゆう世界観。

私の好きな歌詞を、ピックアップしてみました。

男: 「姉貴に借りた小さな車、しまった!下ろし忘れてしまった!後ろにプーさん座ったまんま」

まだ、自分の車を持ってないときって、こうゆう事ありますよね?
私も、免許取りたての頃、姉貴の車を無断で持ち出そうとしたのですが、その時、姉貴が乗ってたのが、ワーゲンのゴルフのマニュアル車で、バックする時のギアの入れ方が分からず、焦りました。(ワーゲンは、シフトを上から押しながら、Rレンジに入れる。)

女: 「早く電話をかけてきて プルルルル。5回鳴るまで取りませんからね。誘われた週末、遊園地、真っ白なスケジュール帳見て “明日返事するね”」

これは、女性の「安売りしないわよ」的な発想の勿体つけですね。でも、逆に可愛く思えるレベルです。このシチュエーションの男側の歌詞も後にあり、それもスッゲー分かる。

男: 「アイツの親友に飯おごって、内緒にしろっていう約束で、アイツの理想のデートコースやキスのシチュエーション、教えてくれたのはいいが、粋な裏切り者の報告で全部筒抜け」

これも、ありますね。大抵、ちょっとお節介な女の親友がいたりして、その子との仲を取り持とうとするんですけど、ちょっとお節介が過ぎる時があります。

男: 「あ~“大好きだよ”ってもし言ったら、どんな顔するのかな?怖くていえないけど、“大好きだよ・・”」

こんな気持ち忘れてませんか?
男って、臆病なんですよ。女性のみなさん。

とにかくお勧めです。聴いてみてください。

INFINITY 16の情報は、こちら
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/12/334249
PVが観れます。(個人的な意見ですと、曲の世界観と合っていませんので、まず最初は、曲だけ聴いて、自分の世界観を膨らませてください。)
http://www.kasi45.com/infinity_16/
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-29 00:15 | DA WORLD  

ザッツ アメリカンジョーク!

今日、運転中に、前を走っている業務用バンの汚れた後ろのガラスが気になった。
f0144493_019421.jpg

近づいて、よく見ると、埃で汚れたガラスに、誰かが手で落書きをしていた。
「WASH ME(ウォッシュ・ミー)」
f0144493_0192272.jpg

爆笑じゃないけど、ちょっと、含み笑いをしてしまった。
軽いアメリカンジョークですね。
日本語訳すると、「洗ってくれ」とか「私を洗って」となるか。
でも、あくまで、英語のままの「WASH ME(ウォッシュ・ミー)」でないと、この面白さは伝わらないのだろう。That’s American Joke!!

日本では、アメリカンジョーク=寒いギャグみたいになってますが、それは、日本語に訳してるからでしょうね。原語のままでないと、伝わらない部分はあると思います。
逆に、日本語のシャレ(ダジャレも含む)も、英訳したら、面白さは伝わらないのと一緒です。

でも、この落書きを書いた人のセンスは、良いですよ。
どうせ、仕事で、荷物を積んで、ドアを閉めた時、汚れてるのが分かったのだろう、その時に、とっさに、このフレーズ書けませんよ。
私だったら、「なんだよ、誰かこんなに汚れる前に洗っとけよ、バカヤロー!」ってなって、ジョークのひとつも書けません。
全くアメリカンジョークじゃないのですが、戦時中のスローガンの張り紙に、誰かがした落書きを思い出しました。
f0144493_0193989.jpg

「贅沢は敵だ!」=>「贅沢は“素”敵だ!」

そんな事に感心しつつ、それじゃ、この「WASH ME(ウォッシュ・ミー)」を日本で、日本語の気の利いたフレーズで表すとどうだろうと、考えました。
明らかに、「洗ってくれ」ではないな~。

これは、どうでしょうか?

「今日雨降るらしいから・・・」

良いと思うのですが、まだ「WASH ME(ウォッシュ・ミー)」を超えてませんね。
なにか、ピリッとしたフレーズありますかね?
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-28 00:22 | DA WORLD  

やっぱり「“ことな”」なのか?

昔、おもちゃ関係の仕事をしていました。
荷物の整理をしていたら、忘れていたダンボールが何箱か発見されました。
箱を開けると、いろんなフィギュアやソフビの類が無造作に入っていました。
f0144493_0372993.jpg

f0144493_0374754.jpg

f0144493_038622.jpg

子供かっ!!

昔、後輩に「ネバエンさんは、本当にことなですね~」と言われました。

何、“ことな”って?と聞くと、

「“こども”のままの“おとな”ですよ。」と、ちっとも上手くない造語をしてました。

最近、その「ことな」という言葉が、ローブローのように、効いてきて、たまに頭に思い浮かんでしまいます。う~ん、上手い言葉なのかな?

無造作に箱に入っていた中から、一番気に入ってるフィギュアです。
仮想「そうあるべきだったオビワン・ケノービ」です。
f0144493_0382430.jpg

これは、私がカスタム製作した幻の三船敏郎バージョン「オビワン・ケノービ」です。
f0144493_0384142.jpg

もし、三船敏郎が、オファーを断らず、スターウォーズに出ていたら、こうなっていたんじゃないか、という夢のフィギュアです。

そうなっていたら、エピソード1では、誰か、日本の若手俳優で、若き日のオビワンが登場してたのでしょうね。

その他にも、いろんなフィギュア等がありました。
1体1体触って見てると、手放したくなくなるのですが、どうせ、何年も、存在を忘れていたので、本当は、必要じゃないのですよね。
オークションで、売りに出そうっと。

「ことな」のネバエンサマーでした。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-27 00:44 | DA WORLD  

この振り上げた拳は、どうしたらいいんだ?

最近、ニュースで、中国製おもちゃの回収の事が目立つ。
使用禁止の鉛を、塗料の中に入れて使用していたらしい。

中国本土では、事情を知らない労働者や、地域の人達、周りに生息している生物たちが、汚染の影響を受けているらしい。
いろいろな動物の、奇形個体が数多く、写真付きで報道されていた。

そんなニュースを見聞きしているこの時期に、インターネットの記事のヘッドラインで、「大丈夫か?二足の草鞋・・・」という見出しを見た。
「二足の草鞋」を、「2足のクサガエル」と読んでしまった私は、「なに~、また環境汚染の犠牲の奇形体か?」と強い憤りを憶えた。
f0144493_044263.jpg

2本足のカエルなんて、オタマジャクシからカエルになる時に、普通になる体型なのですが、その時の私の精神は、「この星はオレが守る!」みたいな“地球防衛軍モード”になって暴走しており、イメージ的には、下の写真の様なエグイイメージになっていた。
f0144493_05017.jpg

しかし、記事を読むと、全然、奇形カエルの事は、触れていない。
よく漢字を見ると、「草鞋」=「わらじ」だった。 (カエル=>蛙です。)
なんだ、「二足の草鞋(わらじ)」かっ!
f0144493_051555.jpg

自分の間抜けさに呆れつつも、心の憤りの炎は、消えておらず、
「いったいこの俺の振り上げた拳は、どこに振りおろせばいいのか?」

モヤモヤしつつ、今日のブログを書いてます。
皆さんも、読み間違いには気をつけてください。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-26 00:07 | DA WORLD  

初恋とフェティシズムの深~い関係 3

また昨日からの続きです。
私をマニアに変えていくほど影響を与えた女性達を振り返っていきます。

第三回は、木村先生=>メガネフェチ
とうとうリアルな、身近な人物の登場です。

私のメガネフェチは、私を知る周囲の人達には有名です。
実際、メガネをかけている女性のほうが、ポイントが3割増しくらいになります。
(量産型ザク=>シャア専用ザクくらいの違いと言えば、わかりやすいでしょう。)
そのメガネフェチを決定付けたのが、小学校の時の音楽の先生、木村先生です。

私が小学校5年生の頃、4年生のクラスの担任で、音楽の先生でしたが、授業では接点がなかった私は、木村先生と接点を持ちたいが為に、学校全体の新聞部の委員長になりました。
新聞部の責任者であった木村先生と、打ち合わせで、週に1回は、絶対にマンツーマンで合う事が出来ました。今となっては、活動内容は、覚えておりません。
私個人の活動内容は、“メガネ顔”鑑賞でした。

私にとって、大人のちょっとツンとした感じの、メガネ美人の先生は、本当に遠い存在でした。
その後は、ずっとその影響で、メガネの似合う女性に惹かれていました。

小学校卒業から25年くらい、実際の木村先生に会ってないし、写真も見ていませんでした。
そして、この夏、実家にて、小学校の卒業アルバムが発見され、木村先生を四半世紀ぶりに見ました。
すっごいドキドキしながら、初恋の木村先生の写真を探す。そして、見つけた・・・
f0144493_012727.jpg

えっ?あれっ?・・これが木村先生だっけ?
というのが、正直な感想でした。

ずっと自分の中で、理想としての「木村先生」を作り上げてしまっていた私は、そのあまりの地味さに、ショックを受けました。
初恋の人と、何年ぶりかに対面して、相手が、変に変わってしまっていたときの気持ちは、こんな感じなのだろうな、と実感しました。

ちなみに、私が自分で作り上げていた、理想の「木村先生」は、こんな感じです。
f0144493_029100.jpg

もう、なんだか見た目はおろか、人種まで変わってしまってます。
こんな「“木村”先生」は、どこにもいないだろう!

私としては、この夏見た、白黒写真の木村先生は、封印します。
そして、自分の中で作り上げた、理想のメガネ美人教師「“木村”先生」を、心に宿し、メガネフェチ道を突き進んでいきます。

いい思い出をありがとう、木村先生!(<=理想の方です)

いかがでしたか? ネバエンサマー初の連載ブログ。
その後、思春期~青年期~成人期にかけて、さらに何人か影響を与えた女性はいますが、その辺の話になると、リアルになりすぎて、ブログに書けない事が多すぎますので、それは、また、10年後くらいに。

皆さんも、この機会に、自分のフェチの起源を振り返ってみてください。きっと、思い出の女性に出会えますよ。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-25 00:05 | DA WORLD  

初恋とフェティシズムの深~い関係 2

昨日からの続きです。
私をマニアに変えていくほど影響を与えた女性達を振り返っていきます。

第二回は、アグネス・ラム=>グラビアフェチ
f0144493_14501993.jpg

アグネス・ラムに関しては、あの頃の日本人男性の大多数に同様の影響を与えたのではないでしょうか?

**Wikipediaより抜粋**
1970年代後半に活躍したハワイ出身の女性アイドル。
愛称はラムちゃん。なお『うる星やつら』のラムの名前の由来はアグネス・ラムである。
1975年に初代クラリオンガールに選ばれ、つぶらな瞳、日焼けした肌、豊かな胸(巨乳という言葉は未だなかった)、愛くるしいルックスなどで一世を風靡した。アイドルといえば歌手活動がメインというのが常識だった時代に、グラビアを中心とした活動を行った。元祖グラビアアイドルと呼ばれる存在である。
f0144493_14505086.jpg

なんといっても、彼女の一番の魅力は、可愛らしい顔とダイナマイトバディーのギャップではないでしょうか?彼女を超えるこのギャップの振り幅は、いまだに出現していません。

名作SF映画「2001年宇宙の旅」の冒頭で、猿人が、「モノリス」なる未知なる物体に触れる事により、知能が進化して、手に骨などの道具を持つことを覚えます。
f0144493_1451137.jpg

その当時の男性にとって、アグネス・ラムは、「モノリス」であり、アグネス・ラムを眼にすることで、多くの男性が、自分の中心にある「武器」を握る事を覚えたのではないでしょうか?

アグネス・ラムが、私に残した一番の影響は、「アンニュイ」という言葉の勘違いです。
この件に関しては、以前、私のmixiの日記で書いておりますので、それをお読みください。

**ネバエンサマーmixi日記02/10/07より**
最近はあまり聞きませんが、「アンニュイ」という言葉があります。もともとは、フランス語で、「けだるい、倦怠(けんたい)」というような様子を指す言葉だそうです。
70年代から80年代半ばくらいまで、「アンニュイ系」の女優が人気があったりしました。代表は、桃井かおり、秋吉久美子、浅野温子、小林麻美あたりですか。
低血圧で、けだるそうに髪を掻きあげてるようなイメージが、あります。

この「アンニュイ」という言葉、私は、「アンバランス」という意味と信じていました。
特に、よく「アンニュイ」を使用していたのは、思春期の時に、当時は、「BOMB(ボム)」「DUNK(ダンク)」といった、男の子向けグラビア系愛読書を見て、顔は幼いのに体はすっかり大人の女の子を見ては、「この子、アンニュイだな~。」とつぶやいてました。
それを聞いた回りの友達は、「どこが?すごくハツラツと健康的で明るい子じゃん。」って言われて、私は心の中で「だから、ハツラツとかは、関係ないんだよ、アンニュイとは!」とちょっとムッとしたものです。

「たまらなく、アンニュイ」
通常訳:「すごく、けだるいわ~」
ネバエンサマー訳:「顔と体のギャップが、たまんないぜ~」
となっていました。

まあ、成人をする前には、「アンニュイ」の本当の使い方は理解しましたが、やっぱり「三つ子の魂、百までも」という諺があるように、今でも最近のグラビアで、写真の様な子を見ると、「アンニュイだな~」と口には出さないが、心の中でつぶやいている自分がいます。
f0144493_928327.jpg

たぶん、じいさんになっても、直らないと思います。
*******

現在の私の「グラビア鑑賞は、俺のライフワークだ!」って名言も、アグネス・ラムがいなければなかったわけです。
この様に、確実に、今でも私の中に影響を残しているアグネス・ラムは、やはりスゴイ存在です。

そして、まだまだ連載は、つづく・・・
明日は、「メガネフェチ」に影響を与えた女性編です。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-24 00:30 | DA WORLD  

初恋とフェティシズムの深~い関係 1

私、ネバエンサマーは、マニアックな領域に入るほどのフェティシズム(いわゆる「フェチ」)を、女性に対して求めます。
それは、幼少の頃からの、初恋といってもいい、初めて好きになった女性達の影響なのでしょうね。
そんな、私をマニアに変えていくほど影響を与えた女性達を振り返っていきます。

第一回は、中山律子さん=>体育会系女フェチ
f0144493_04810100.jpg

1970年代初頭活躍した、女子プロボーラーです。

**Wikipediaより抜粋**
「さわやか律子さん」の愛称とともに抜群の美貌と人気を誇り、テレビCM 『花王フェザーシャンプー (♪♪律子さん、律子さん、中山律子さん♪♪)』 等にも出演し一大旋風を巻き起こしている。女子プロ数多くあれど〝史上最強の女子プロ〟と言われている。

実際に、中山律子さんが活躍している頃は、私は、まだ物心付くには程遠い、乳幼児でしたので、はっきりとした記憶はないのですが、親からの話では、そうとう御執心だったらしいです。

TVCMで、「♪律子さん~律子さん~なっかっやっま律子さん~♪」って音が聞こえたり、親に「ネバエン、律子さんがテレビ出てるよ」といわれると、まだ下の写真くらいの子供だった私が、ヨチヨチハイハイで、TVの所まで来たそうです。
f0144493_0484711.jpg

*その当時のネバエンサマー

それでは、どんな部分に私は惹かれていたのでしょう。今の私が体育会系女子に惹かれるポイントを全て満たしていたからです。
f0144493_0515644.jpg

1. スポーツをしている中では、イケてる美貌の持ち主
2. しっかりした骨格と、それに伴う鍛えられた筋肉が形作るスタイル
3. 負けず嫌いな気の強さ
4. 体育会系の男の事を理解してくれるであろう境遇

上記の事が全て満たされていました。
というか、中山律子さんが好きだったから、そのような体育会系の女性に、今でも惹かれてしまうようになったのでしょうね。

多くの種類の鳥は、生まれて初めて見た生物を自分の親と思い込むと言いますが、私の場合も、生まれて初めて異性を感じた中山律子さんに、多大な影響を与えられたのでしょう。

つづく (初の連載モノだ~)

明日は、「グラビアフェチ」に影響を与えた女性編です。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-23 00:53 | DA WORLD  

チャレンジしたくなるんです

新しい飲み物が発売されてるのを見つけると、昔から、1度は試してみたくなります。

ロングセラー・定番と言われている飲み物が、数えるほどしかないのは、それだけ失敗が多いというのは分かってるのですが、どうしても、試してみたくなります。

今日、見つけた飲み物は、こちら。
f0144493_016247.jpg

「MUSCLE MILK(マッスルミルク)」
基本的に、プロテインドリンクです。こんなもの、旨かったためしがありません。
でも、なぜか、このドリンクが、私に挑戦状を叩き付けている気がして、手にとってしまいました。
基本的に、プロテインのバニラシェーク風です。脂肪を燃やす成分と、炭水化物を貯めない成分、それから、各種ビタミン類が入っているそうです。

感想は、「甘からず、辛からず、旨からず」
正直、2度はないです。喉の奥で、いつまでも膜を作ってる感じです。味も、人工的なミルクの出来損ないです。
いつまでも、変なゲップが出てきます。

今回も挑戦は受けましたが、結局、勝負には敗れました。

口直しに、こってり甘~い、スタバのフラプチーノのビンを、ごくごく飲んでしまいました。
f0144493_0162699.jpg

腹の中で、2つのドリンクが混ざり合い、ゴロゴロいってきました。
ちょっと、トイレに急用ができましたので、このへんで失礼します。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-22 00:18 | DA WORLD  

ネバエン、ニュースを斬る!

私が気になったニュースです。

「土俵乱入 福山雅治に抗議? 」

**記事より抜粋**
40代と見られる女性が接近。「福山雅治=悪霊に取りつかれている」などと意味不明な文章が書かれた大量のビラを抱え、「やめて下さい! 親方! 親方!」と奇声を発し、女性警備員の制止を振り切って土俵へ向かった。
その後、角界のロボコップこと、高見盛らによって、取り押さえられた。

なんで、福山に関するビラ?
きっと、この女性は、福山雅治のファンだったのでしょう。そして、「なぜ?私がこんなに好きなのに、雅治は私に振り向いてくれないの?」
=>「これは、きっと、雅治に取り付いてる悪霊のせいだわ!」
という、方程式になったのでしょう。

では、なぜ?大相撲の土俵へ乱入してそれを抗議しようとしたのでしょう。
確かに、コンスタントに視聴率はありますが、インパクトとしては、「24時間テレビ」の時の欽ちゃんが、武道館にマラソンのゴールをする直前でも良かったのでは?

写真を見て、疑問が晴れました。
f0144493_0271385.jpg

f0144493_0273034.jpg

元女力士だったのでしょう。
f0144493_0274441.jpg

そして、いつまでも女人禁制の相撲界にも、抗議したかったのでしょう。
きっと、角界への抗議と、世間を通しての福山雅治へのアピールを、通いなれた両国国技館で、一気に済ませたかったのでしょう。

でも、皮肉な事に、福山とは、生物学上、正反対の男、高見盛に取り押さえられてしまったのは、計算外だったでしょうね。せめて、琴欧州あたりに取り押さえられれば、彼女も浮かばれたのでしょうが・・・
ビジュアル的には、高見盛とのツーショットの方が、しっくり来ていました。

土俵に乱入するまえに、福山雅治の言いつけ守って、PEPSI NEXで、まずは痩せてほしかったですね~。
f0144493_0283714.jpg

「ぅん、おいし~ところがいい。ペプシネックス」(福山のマネで読んで下さい。)

参考資料として、女相撲に関する記事は、こちら
http://www.fundoshi-bikini.net/nihon-fundoshi/onna-sumo/onna-sumo.htm
ペプシNEXの宣伝は、こちら
http://www.pepsi.co.jp/ad/index.html
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-21 00:30 | DA WORLD