<   2007年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

ロカビリー世代に見えますか?

世の中で、床屋または美容室に髪の毛をカットに行って、セットされた髪型が、そのまま気に入っている人は、何人いるのだろう?

私は、その場では、鏡を見せられて、「どうですか~?」なんて聞かれて、

「ええ、いいですね。」と言いますが、

帰ってきて、必ず頭を洗って、自分でセットしなおします。

皆さんもそうですよね?

最近は、変わりましたが、今、髪の毛カットしてもらってる美容師さんは、私の髪を、最後にセットする時、いつも、髪の毛をアップにして、なんかソフトリーゼント風にしちゃいます。

鏡を見る私は、「いいですよ」と言いながら、内心

「ええ~! これじゃ、尾藤イサオじゃん!」って叫んでいました。
f0144493_035532.jpg

ひとっ言も、「尾藤イサオみたいに、お願いします。」って言ってないのに。

この美容師さんの凄いところは、多少、髪の毛のカットの長さやスタイルが違っても、セットを頼むと、きっちり「尾藤イサオ」にまとまめてきます。
イサオ専属ヘアスタイリストだったのか?
「尾藤イサオ風」セットをさせたら、世界でもトップランカーだと思います。
f0144493_0361868.jpg

それとも、そんなに、私が、ロカビリー好きに見えるのだろうか?

最近では、「セットしますか?」と聞かれると。
「いえ、この後すぐ、ジムに行って運動するので、このままで良いですよ。」って言います。

本当に、世の中の人は、美容室のセットに満足しているのだろうか?
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-31 00:39 | DA WORLD  

かもん! レッツ トライ!

いきなり、季節外れの熱帯夜のような、ベッタベタのタイトルから始まりますが、「家紋」の話です。

名前と生年月日を打ち込むと、独自の家紋を教えてくれる、
KAMONジェネレーター」っていうのをやってみました。

これは、日本コカ・コーラ社のお茶ブランド「綾鷹」のホームページにある、無料の機能です。
まあ、脳内メーカーの家紋版みたいなもんですね。

それでは、結果です。

本名での家紋
f0144493_0501132.jpg

【猪】 非常に高い集中力と瞬発力を兼備しているイノシシ紋のあなた。自分の興味のあることに関しては脇目も触れず、まさに猪突猛進。その勢いはもはや誰にも止められません。さらに確実に結果を出せる実力もあります。しかし、時には立ち止まり周囲に気を配ってください。意外な発見があるかもしれません。

性格判断は、当たっているような・・・
でも、イノシシってところが、どうかと・・
花札の柄みたいだし・・・


というわけで、違う名前で試してみました。

「ねばえん さまあ」の家紋
名前は、ひらがなしか入力できないし、「-」(長音)も入力できないので、上記のような名前での入力になりました。
f0144493_0502842.jpg

【龍】 龍紋のあなたは誇り高い性格の持ち主。何事にも高い目標を設定し、それを実現することに何よりも快感を覚えるはず。さらに目標達成の為には自らを犠牲にできる強い意志も持っています。多くの人々との協調を大切にすれば有意義な人生を送れることでしょう。

イノシシより、格好良いかな?
でも、なんか中華風だな。
ラーメンのドンブリとかに描かれていそうだな。


と、言うわけで、さらに、違う名前で試してみました。
「だ わあるど」の家紋
f0144493_0505136.jpg

【サボテン】 逆境に強く、順応能力が高く、何事にも動じることが少ないサボテン紋のあなた。不平不満を口にせず、ジッと耐える性質のようです。その目に見えない魅力で仲間や異性から頼りにされる事も多いでしょう。しかし本当は人一倍寂しがりやのあなた。たまには誰かに思い切り甘えてみてはいかがですか。

サ、サボテンって・・・・?
完全に、アリゾナやメキシコのお土産屋で見かけるロゴじゃないか!
家紋って、「紋付はかま」って言うくらいで、和服の正装の時に、入れたりするもんでしょう。
「サボテン」いれてたら、なんか、「ホセ」とか「ミゲール」って、名前じゃなきゃおかしくなってきそうだろっ!

他にも、「イルカ」のデザインの家紋も出てくるそうです。
そして、家紋の画像は、無料でダウンロード出来るし、壁紙もダウンロード出来ます。

みなさんも、「かもん!レッツ・トライ!」(家紋だけに)

もうええわ!
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-30 00:55 | 情報  

ブログ アクセス解析

6月に、このエキサイトブログを始めて、昨日までの記事数が97件になりました。

意外と、書いているんだな~と思います。

おかげさまで、アクセス数も、多くなってきました。
私のブログの性質上、コメントが残しづらいというのは、わかりますので、今後も、コメントを期待せずに、書き続けますので、また、読みに来て下さい。

ブログの機能で、「アクセス解析」というのがあります。

1日のアクセス数と検索ワードランキングというのがあります。

1日のアクセス数の傾向をみると、やはり、メジャーな人の名前を出したネタなどは、自然とアクセス数が上がります。
最近では、「香里奈」の時と、先日の「リア・ディゾン」の時は、アクセス数は、グンッとあがりました。
有名人であっても、「ほんこんさん」の名前が出た日のブログアクセス数は、なぜか、逆にいつもよりアクセス数が下がってしまいました。(ほんと、ほんこんさんは、人気ないのですね。)

そして、「検索ワードランキング」というのは、Googleや、Yahooなどで、検索したワードから、このブログに来た、そのワードのランキングが出ます。

現時点で、1位が「ねこ鍋」です。
いやらしい話、毎日、この「ねこ鍋」って言葉を、意味もなく、ブログに入れていれば、アクセス数は上がるということです。(今日も、これでアクセス増えるな・・)

本当に意外に、上位に入ってきた検索ワードに、「ゲオルギー・イワノビッチ・グルジェフ」があります。
どんな人達が、その人名を検索しているのか、ちょっと想像できませんが、結構マニアがいるのですね。
そんなマニアの方々限定の突っ込みです。

「ナチス副総統、ルドルフ・ヘスかっ!」



というわけで、「もうすぐ100回記念」の自己分析でした。
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-29 02:20 | DA WORLD  

加納さんの屈辱?

現在、私は、ひげを剃る時に、剃刀を使っています。
(当り前ですが、電動カミソリじゃないという意味です。)
今使ってるのは、シック社のクアトロという4枚刃のものです。
f0144493_121417.jpg

昔は、2枚刃が長らく主流でしたが、ジレット社が3枚刃を出し、それが大ヒットしたのを受け、シック社が、4枚刃を販売しました。
私も、なんとなくその戦略にはまり、3枚刃から4枚刃に変更しました。

そして、また、ジレット社が、「Fusion」という5枚刃を販売しました。
f0144493_122891.jpg

これは、完全に枚数を競う企業間の抗争に発展しています。
枚数が増えるのはいいのですが、替刃の金額も高くなっていて、結構、買い足しの時に、躊躇しようになります。

ドラッグストアの店頭で、

「4枚刃は、たけぇ~んだっ!」

って、世界陸上の時の織田裕二みたいなテンションになってしまいます。

そのうち、20枚刃なんて出て、ほっぺたくらいの大きさで、
「1回のストロークで、20回分剃れる。」
なんて、宣伝しそうですね。
間違いなく、肌は、カミソリ負けして、ぼろぼろになるでしょう。

このような、「数が多いもん勝ち」みたいな市場競争、「数のインフレスパイラル」は、これまでも、たまに発生してました。

1975年にF-1において、画期的なマシーンが開発されます。
ティレルの6輪車です。
f0144493_124757.jpg

子供心に、タイヤの数でインパクトを受け、カッコいいと思った子供は、私だけではなかったはずです。

そして、それを受けて、アニメ「グランプリの鷹」の劇中で、主人公が、夢のF-1カー「トドロキスペシャルT-3」という、“8輪車”に乗ります。
f0144493_13579.jpg

現実世界では、整備の手間と、車重の増加などから、ティレルの6輪車も、姿を消します。
個人の意見では、理屈や性能を無視すれば、カッコいいのではないでしょうか?

それから、35-40歳くらいの方は、覚えてると思いますが、小学生の時「多面筆箱」なんてのも流行りましたね。
4面―>6面―>10面・・・と、どんどん筆箱の収納扉の数が増えていき、小学生たちも、面数が多い方が偉い、みたいな気風になっていました。

私も、10面筆箱を持っていたのですが、面数確保に伴って、体積も大きくなり、もう重箱のようになってまして、ランドセルの半分は、筆箱になっていました。

結局、この「多面筆箱」の不毛な競争は、いつしか終わり、その反動で、その後しばらくは、シンプルな「カンペンケース」の時代が続きます。

なんか最後の方は、昔のTV番組「カノッサの屈辱」みたいになってしまいました。
タイトルの意味分かります?
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-28 01:12 | DA WORLD  

わざわざ言いたか~ないけど

ちょっと耳にした(ネット上だから、「目にした」が正しいか)のですが、「グラビア界の黒船」ことリア・ディゾンの事です。
f0144493_1464723.jpg

アメリカ時代、ストリップバーで、ポールダンサー(いわゆるヌードダンサー)をしていた過去があるとの暴露があり、その噂がお茶の間にも広がる事を懸念しているそうです。
f0144493_146597.jpg

だ・か・ら?
それがどうしたって言うの?

リア本人は、別に経歴を必死で隠して、「私何も知らない生娘です。」なんて言ってないでしょ。
日本側で勝手に、清純派みたいに売り出しちゃっただけでしょ?

だいたい、ポールダンサーだった事が、違法じゃないでしょうが!
もし彼女が本当に処女で、何も知らない生娘だとして、そんな女の子にあんなグラビアのポーズ撮らせて、それ見て、ありがたがって喜んでる人間の方が、100倍気持ち悪いよ。

俺なら、自分が認めた相手だったら、その程度の過去、なんでもないけどね。
確実に「悲しみごと抱ける」YO!(<=なんで、いかさまラッパー風?)
一言で言ったら、「おあつらえ向きだぜ!」って感じですよ。

日本の男性も、お茶の間のオバサン達も、もう少し精神的に大人になって欲しいね。

話は変わるけど、案の定AVで、リア・ディゾンのソックリさんが出ていました。
f0144493_1472758.jpg

桐谷(きりや)アンノだって。(まだ、観てないです。)

個人的な意見を言うと、昔のAV女優の光月夜也(こうずき やや)の方が、似てませんか?
f0144493_1474117.jpg

先日彼女のデビュー作観てて、ふと思いました。
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-27 14:10 | DA WORLD  

アイ・ポッダーと秘密の箱

レコード=>カセットテープ=>CD=>MDと変遷して、最近のMP3を主流とする音楽鑑賞形態を確立した商品の代表は、iPodだろう。

iPod にハマってる人を、私は、iPodder(アイ・ポッダー)と呼んでいます。
私は、もう6年近くiPodを毎日欠かさず使ってます。
気が付けば、周りの人達も、いつのまにかiPodを持つようになってました。

このiPodですが、人それぞれ、入れている曲が違っいます。さらに、大量の曲数が入力可能なため、その人の趣味・嗜好と共に、なんか人間性や、歴史まで感じます。

私などは、車で聞くことが多いのですが、あまり親しくない人を乗せるときは、当たり障りのない、一般的な曲を集めた「ドライビング・ソング」というプレイリストを流します。
それ以外の曲が流れると、あまりのマニアックさに、ほとんどの人が引きます。

そういった意味でも、他の人のiPodの曲目を知るのは、その人の内面を垣間見れるようで、興味はありますが、なかなか機会はないです。

昨日、その機会がありました。
10年来の知り合いに頼まれて、彼の車を1時間ほど運転して届ける事を頼まれました。
その時、彼のiPodを再生して、いろいろ発見がありました。

その彼は、古いLP盤を収集してたり、ライブハウスにライブを聴きに行ったりするので、きっと彼のiPodの中には、小洒落た曲ばかり入ってるんだろうな~と思ってました。

再生して聴いてると、全然違ってました。
そりゃ、私が聴かないような、アーティストの曲や、なんかクラシックも入ってました。
・・・が、80年代のアイドルの曲が入ってたり、最近の売れ筋の曲が入ってたりして、「背伸びしすぎじゃない?」などと思って、微笑ましくなったりもしました。

私も聴くアーティストも、結構、かぶって入ってましたが、「へ~、この曲入れてんだ。」とか、「あの曲入れてないの?」なんて事も、思いました。

1つ、彼の歴史を垣間見たのは、The Brilliant Greenの曲が入っていた時です。
その昔、“ブリグリ”が出始めの時、彼がボーカルの子が好みと言っていて、タイプが似ている女の子と、私のセッティングで、デートをしました。
結果は、付き合うまで行きませんでしたが、なにか、その頃の事が、思い出されて、懐かしく思いました。
きっと彼も、“ブリグリ”が流れると、その当時の事を思い出してるんだろうな~。

このように、iPodって、個人の内面や歴史を表していそうで、ある意味怖いですよね。
昔あった「交換日記」のように、「交換iPod」なんてやったら、その相手の素の部分が見えたり、意外な魅力が発見出来たりして、面白いかも。

ちなみに、昨日の帰り際、私がその彼に、「今度、俺のお勧めの藤波辰巳の“マッチョ・ドラゴン”をあげるよ。」って言ったら。
「それは、いらない。」って、即答されました。
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-27 01:38 | DA WORLD  

実録「象の背中」

作詞家・放送作家の秋元康さん原作の小説「象の背中」が、話題になってますね。
秋元さんお得意の、メディア戦略で、映画、マンガ、アニメなどで、包括的にプロモーションを、行ってます。商売上手です。
f0144493_13530100.jpg

f0144493_1354173.jpg

この「象の背中」、私も読んでないのですが、タイトルからすると、「小象物語」のような、象と人間の物語かと思いつつ、まったく象は関係ないようです。

タイトルの由来は、「象は死ぬ時、誰にも見られない“象の墓場”へ行くといわれています。その時に、愛する仲間から去っていく象の背中を、愛するものから去っていく人間の心情に重ねた。」そうです。

最初、この「象の背中」というタイトルを聞いたとき、私も1つの「象の背中」エピソードを思い出しました。

これは、私の後輩が、数年前体験した話です。

その年の10月終わり頃、1人の女の子と付き合い始めました。
私としても、彼に新しい彼女が出来る事は、喜ばしく、付き合い始めは、デートの際のノロケ話なども、聞かされていました。
11月になり、12月になり、クリスマスが過ぎ、年が明け、2月のバレンタインデーを前にする頃に、その彼から、「もう、別れるかもしれません。」と打ち明けられました。

なんで?良い子じゃないか?

いや~、自分の気持ちが醒めてしまって、もう、無理です。

どうゆう事か、話を聞く。

彼女と一緒に、お風呂に入ったらしいのです。その際に、浴槽に入り、彼に背を向けたときの彼女の背中が、どう見ても、彼の背中より、デカかったらしいのです。
その大きく丸い背中を見たとき、愛おしいという気持ちより、気持ちがサ~っと醒めたそうです。

そして、その年のバレンタインデーに、2人は別れました。
その彼女も、結構、さっぱりと「じゃあね」みたいな、別れだったようです。
きっと、冬の間のイベント目白押しの季節、「ホリデーシーズンの魔法」に、2人共かかっていたのでしょう。

これが、私の「象の背中」ストーリーです。

あなたも、自分の「象の背中」ストーリーありますか?

「象の背中」単行本(秋元康)

映画「象の背中」公式サイト

アニメ「ゾウの背中」「旅立つ日 ~完全版~」<=これ、切ないです。


******
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-26 01:40 | DA WORLD  

い~やな漢勝負

「漢勝負」と書いて、「おとこ勝負」と読みます。
自分の男振りを見せる勝負です。ツッパッてなんぼです。

先日、アメーバブログへ登録する際に、プロフィールの欄に、「自分のBEST3」なる項目があり、その質問の選択肢の中に、「昔、好きだったマンガBEST3は?」っていう質問がありました。

これは、「俺にとっての漢勝負だな!」と思いました。

「昔、好き“だった”」という所が、ツボですね。これは、今でも何度も繰り返して読むような名作を選んじゃいけない。すでに絶版になってるような、それでも、有名なマンガ家の書いた作品じゃないといけない。

(考え中)
ポクポクポクポクポクポクポク・・・チーーーン!

私の選んだ回答は、これです。

1位 ― メンぱっちん by 小林よしのり

「ゴーマニズム宣言」で有名です。その前ですと、出生作の「東大一直線」、その後は「おぼっちゃまくん」などのギャグマンガが、有名です。

この「メンぱっちん」という作品は、80年代前半に、少年マガジンで連載されてました。
メンコを題材にした、巨人の星の様なギャグマンガです。気が狂いそうな内容ですが、面白いですよ。(かったですよ)現在、なかなか書店では、見かけません。もし見つけたら、読んでみて下さい。
マンガの画像が、どうしても見つかりませんでした。

2位 ― 嗚呼!!毘沙門高校 by 宮下あきら
f0144493_016121.jpg


「魁・男塾」で有名ですね。
初期の人気漫画「激・極虎一家」の後に、書かれたギャグマンガっぽいテイストの作品が、この「嗚呼!!毘沙門高校」です。
この後、「男塾」で、大ブレークしますが、その基礎になったような漫画です。
野球編が、特に馬鹿げていて面白いです。スペシャルキャラ「ドカベソ」の登場シーンは、必見です。

3位 ― 雷鳴のザジ by 車田正美
f0144493_0182488.jpg


「リングにかけろ」の後、「風魔の小次郎」、「男坂」などを書いている時期に、不定期に読切りで書いていた作品です。
「雷鳴の中からヤツは来た・・・」という出だしで始まります。
この「ヤツ」って言葉が、中学の時、私の周りのごく限られた範囲で流行りました。
結局、この作品も最後まで、よく謎が分からないまま、終わってしまいました。
この時期の、車田正美は、母親を亡くした事で、精神不安定になってたそうです。
「聖闘士 星矢」が始まるまでは、スランプだったようです。

まあ、こんな「漢勝負」されても、誰もわかってくれないようです。

ちなみに、「口癖は?」っていう問いには、こう回答しておきました。
「かの有名なコーカサス出身の20世紀最大の神秘哲学者、ゲオルギー・イワノビッチ・グルジェフかっ! 」

これらの回答は、私のアメーバルームでご覧になれます。
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-25 00:22 | DA WORLD  

ネバエン 良い子・悪い子・普通の子

先日、友人との食事の席で、初めて会う女性がいました。
いつもような話の流れで、「好きな男性のタイプは?」と聞いたところ、
「普通の人」という答え。

話を広げようがないので、焦った私は、「どういう風に、普通なの?」と聞きましたが、「う~ん、特にない。とにかく普通がいい。」と言うだけで、それ以上、聞き出せませんでした。

まあ、その女性にしてみたら、「あなたのトークは、普通じゃない。=>あなたは、タイプじゃないのよ。」という線引きだったのでしょう。(悲しすぎる・・・)

でも、この「普通」っていう言葉ほど、曖昧で、守備範囲が広すぎて、定義しづらい言葉もないですよね。その人が「普通」と思ってても、他の人には、それは全然「普通じゃない」という事もあります。
本来は、「普通」といったら、明確な平均値のガイドラインも、事細かに教えてくれないと、「普通」と定義できない、難しい言葉なんですよね。

世間の人が、「あの人、“良い人”なんだけどね・・・」ってフレーズ、よく聞きます。
昔からの私の持論なんですが、この「良い人だけど・・」って言われてる対象の人間は、本当は、「良い人」じゃないんですよ。
極悪人でないにしろ、上記のフレーズの後には、なにか否定的な内容の台詞が続きます。
という事は、そのフレーズを言ってる人にとっては、その「良い人」は、何かしら悪い事、気分を害する事を、したと言うことです。だから、どっちかというと、「悪い人」の部類になるのです。
本当に「良い人」というのは、なにも後に続かず、「あの人は、良い人。」となります。

私は、この「良い人」って、言われるのが、昔から嫌いです。
「良い人」って形容詞は、男性にとっては、褒め言葉じゃないですよね。特に、女性から言われた場合、「安パイ」または「異性として付き合う対象じゃない」と言われてるようなものです。

やっぱり、男としては、ちょっと危険な香りがするような男の方が、なんかカッコイイじゃないですか。
女性に、「あなたは、“悪い人”ね。」なんて言われると、それは、オスとしての褒め言葉のような気がします。(言われた事ないけど・・・)

毒を持っている動物って、なにか深みのある怖さがあり、そのドキドキ感が、ひとつの魅力になってるのでしょうね。

私も、出来れば「毒」を持った、危険な香りのする男になりたいものです。
実際には、ゴキブリ退治用の「ホウ酸団子」くらいの毒しかないです。

映画「蘇る金狼」の予告編より名フレーズ(本編では、使われていません。)

「気をつけろよ、刺すような毒気がなけりゃ、男稼業もおしまいさ。」
(by 松田優作)

動画は、こちらです。

******
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-24 01:19 | DA WORLD  

今日はショート2本立て

*愛してるって最近言わなくなったのは・・・

「愛してる?」なんて、最近聞かれませんが、最近、たまに、「ゴスペラーズ」のリーダーに似てるね、と言われる事があります。
f0144493_0542254.jpg

リーダーの村上さんは、写真の右端のサングラスをかけた人です。
なんか、似てるといわれても、微妙な反応しか取れません。
褒められてるんですか?
この人のサングラス取ったところ見たことあります?
だけど、とりあえず、ゴスペラーズの歌をカラオケで歌えるように、練習をしておこうと、密かに心に決めてます。

*今日の天気

今日の、ロサンゼルス地域の天気は、「SMOKE(スモーク)」です。
f0144493_0544396.jpg

なんだ、「煙」って?
そんな名称が天気に使われる事を始めて知りました。

ここ2日くらい前から、妙に暑くなっていて、ここら辺で、季節外れに暑い時って、必ず山火事があります。山火事が始まったから、暑くなるのではないかとの、友人の理論もありますが、それは未証明です。

現在も、山火事がいくつかの地域で起こってるようです。
その煙がここら辺の地域に広がって、今日の天気は「スモーク」となっているようです。
むこう3日間の日中の気温は、31-33度くらいになるようです。
やっぱり、ちょっと異常です。
[PR]

by zbat4481 | 2007-10-23 00:57 | DA WORLD