タグ:ブルース・リー ( 4 ) タグの人気記事

 

こんなモノ作られたら絶対買っちゃうでしょうっ!

今日、思わず衝動買いしてしまいました。

チャック・ノリス Tシャツ!!
f0144493_11124066.jpg

チャック・ノリスっていうチョイスが、本当に私のツボです。

チャック・ノリスというと、全米マーシャルアーツチャンピオンと言う肩書きで、アクションスターとして、有名です。

でも、なんかちょっと胡散臭く思われていて、アメリカでは、「チャック・ノリスみたい」というと、まあ、少しバカにされた感じです。ギャグにも使われます。

日本で言うと、「JJサニー千葉(旧芸名:千葉真一)」や「藤岡弘、(旧芸名:藤岡弘)」みたいなポジションですね。

最近では、チャック・ノリス プロデュースのトレーニングマシーンをTVショッピングで売ってます。

本当は、凄い人なんですけど、ちょっと浮世離れしちゃうと、世間の人からは、ギャグっぽく受け取られてしまいますよね。

こんなTシャツを喜んで買って、着ようとしている私も、やっぱり変わり者か?

チャック・ノリスの出生作の映像です。
ブルース・リーVSチャック・ノリス ~映画:ドラゴンへの道(Way of the Dragon)より

相当、良い戦いをしています。観た事ない方は、是非、観てみてください。
                  
                 
[PR]

by zbat4481 | 2008-07-20 11:14 | DA WORLD  

勇気を出してもう一度観てみた・・・そして・・・

もう、けっこう前になりますが、中国本土へ行ったときに、自分へのお土産に、「ブルース・リー」のDVDを2枚買いました。

基本的に、DVDじゃなく、ビデオCDだったし、まあ、「つかまされた」という結果になり、ちゃんと観ていなかったのですが、3連休の最終日に、時間があったので、観直してみました。

まず1枚目は、「なんとか“絶命技”」とか書いてあります。
f0144493_14531390.jpg

ブルース・リーの必殺技の説明のようなものだろうと想像できます。
とりあえず、再生。
f0144493_14534135.jpg

いきなり、ブルース・リーの映像ダイジェスト。
「これは、意外と観れるんじゃないか?」と思い始めたとき、本編スタート。
f0144493_145446.jpg

肌着(?)を着たおっさんが、中国語で説明を始めました。
ブルース・リーの動きや技を説明するんだけど、まあ、動きが遅いし、格好悪い。
f0144493_14543889.jpg

f0144493_1455097.jpg

弟子も、肌着(?)のような衣装で、異常に動きの遅い組み手を展開します。
f0144493_1455224.jpg

そのまま、アンニュイな映像が約1時間続き。
いきなり終了。
なんの余韻もありません。
やっぱり、「つかまされた!!」

気を取り直して、2枚目も観てみました。
f0144493_14555327.jpg

これも「秘技」的なものを教えるんじゃないか?
いきなり、またブルース・リーの映像からスタート。
f0144493_14561819.jpg

やっぱり、ブルース・リーは格好良いし、動きが早い。

すぐに、ダイジェストが終わり、またまた・・・
f0144493_14563880.jpg

1:9分けの肌着おっさん登場!

1枚目の内容と、違いのわからないデモンストレーションが、まったりと続きます。
1連の動きをするたびに、横に流している髪の毛を、気にしてかき上げる仕草が、イラッとします。
結局、こちらも、1時間ほど、肌着のおっさんが、ブルース・リーごっこをした映像を見させられて終りました。

このおっさんは、一体何者だったのでしょう?
私は、間違いなく、このおっさんに勝てます。(ほとんどの人が勝てると思う)

勇気を出してもう一度観直してみました・・・
・・・そして・・・

俺の2時間を返せ!
[PR]

by zbat4481 | 2008-07-07 15:09 | DA WORLD  

これからは「好きな女優」は?と聞かれたら、こう答えよう・・・

久しぶりに、ブルース・リーの映画を観直しました。
今回、観たのは、「ドラゴンへの道」(英題:Return of The Dragon)です。
f0144493_166965.jpg

もう、何十回観たのでしょうか?
それでも、何回観ても飽きないで、毎回楽しめます。

基本的に、ブルース・リーの映画を観た事がない人に、まず最初に薦めるのは、「燃えよドラゴン」なのですが、しかし、その次に、薦めるとしたら、この「ドラゴンへの道」だろうな。

ブルース・リー演じる「タン・ロン」が、イタリア・ローマにある中華料理店の揉め事を治めるためやって来ます。
タン・ロンのキャラが、すっとぼけていて、格闘シーンとのギャップも相まって、ブルース・リー作品の中でも、一番好きなキャラかもしれません。

そして、コロッセオでの、チャック・ノリスとの格闘シーンは、戦闘前の各自の準備運動から、終わりまで、見逃さず観てください。
f0144493_1662767.jpg

今回観ていて、格闘中に、ブルース・リーが、キックのフェイントを、さらに1つ入れていたことに気づきました。いや~深いです。

さらに、ブルース・リー映画のヒロインと言えばこの女優、ノラ・ミャオです。
今回は、ローマ在住の女性の役なので、お洒落な洋服姿が見られます。
f0144493_1664425.jpg

今見ても、結構イカしてます。
気の強い感じも、鼻につかず、逆に可愛くも見えます。
なんか、「ノラ・ミャオ」良いんですよ~。

今度、誰かに、「好きな女優は?」って聞かれたら、

「ノラ・ミャオ」

と答えようと思います。ほとんどの場合、「誰それ?」となり、その後、私がトクトクと、ブルース・リー映画を説明し始める事でしょう。
私の身近な人は、気をつけてください。
[PR]

by zbat4481 | 2007-11-25 16:10 | DA WORLD  

いったい、どんな関係なんだ?

カワイイ野良の子猫がいました。
f0144493_0414245.jpg

カワユスナ~っと、呼んだところ、もう一匹、大人の猫が現れました。
なんだ、親猫がいたのかと、思って眺めていました。
先ほどの子猫が、その親猫(らしき)に、甘えて擦り寄っていったところ・・
f0144493_042014.jpg

なぜか、その大人の猫は、「シャー」と子猫を威嚇しだしました。
「この2匹は、親子じゃないのか?」と、不思議に思い、その光景を眺めていました。

そうしていると、今度は、もう1匹トラ柄の大人の猫がやってきました。
私が「どぅした?」(これは、私が動物とファーストコンタクトする時の、第一声です。)と声をかけると、近くにやってきましたが、やっぱり野良猫なので、警戒して少し距離を置いていました。
すると、先ほどの灰色の猫が、少し私の方へ近づいてきました。
f0144493_0425758.jpg

手前のトラ猫は、私の方を向きながら、なぜか向こうの猫を見ずに、「シャー」と威嚇しはじめました。
「なんで、向こうの猫を微妙に見ないで、威嚇してるんだ?」
不思議な行動でした。
f0144493_124019.jpg

対大人数での戦闘中の、ブルース・リーの様でした。

一体、この3匹は、どうゆう関係なのでしょうか?
親子なのでしょうか?
一緒にいるのに、微妙に、お互い威嚇しあっていました。
[PR]

by zbat4481 | 2007-09-08 01:05 | DA WORLD