タグ:ボウリング ( 2 ) タグの人気記事

 

そんなに心が広く穏やかにはなれません

先日、送別会を兼ねたボウリング大会がありました。

ある程度の人数でボウリングすると、
必ず1人はいる、
全く無頓着な人、
私は、どうにも嫌いです。

なにが無頓着かって言うと、
必ず隣のレーンで、やってると、
私のボールを、断りもなく投げちゃってる。

今回も、いました。

さーて、集中して投げるぞ~と思っていると、
f0144493_3292448.jpg

あれっ?
俺のボールが無い!

隣のレーンで他の人が投げちゃってました。

別に、マイボールでもないし、
「そのボール、借りていい?」
なんて、断りをいれてくれれば、
私も鬼じゃないんだから、
「もちろん、いいですよ。」
と、快く使わせるんです。

でも、そうゆう無神経・無頓着の人って、
それが、他人のボールだという事すら、気付かない事があります。

親しい友人であれば、普通に、「断りを入れてくれ」と、
注意も出来ますが、
それほど親しく無い人には、
注意も出来ず、自分の中で、
イライラ、イライラしてきます。

他の人が投げてしまった自分のボールが、
戻ってきたときに、ボールの側面に
その人の手の脂が着いている時なんかは、
もう、最悪です。

もう、そんな時のボウリングは、ダメです。

怒りに任せて、ぬうぅぅ~んっ!
と投球
f0144493_329442.jpg

ピンが壊れるかと思うくらいの勢いですが、
結局、ストライクもスペアも、ほとんど取れず、
成績は、散々。

こんな風に思うのは、私だけでしょうか?
     
     
[PR]

by zbat4481 | 2009-05-08 03:33 | DA WORLD  

今から異臭騒ぎにならないか心配です

今日の仕事後、会社の人達とボウリング大会があります。

事の発端は、2日前、会社の役員の人が、私の部屋に来て、

「何人かの女子社員が、ボウリング行きたいって言ってるから、今週やろうよ。」
と言う話になり、話半分で、私も、「いいですね~、じゃあ、ちょっと予約できるボウリング場があるか、調べときますよ。」なんて言ってしまいました。

そして、昨日、その役員の人と、給湯室で会い、
「明日、ボウリングの場所決まった?」
なんて、ボウリングの投球フォームをしながら、聞かれました。

(えっ?明日に決定なんてしてね~よっ!)と思いながら、
「いや、まだ予約取れてないです。」というと。

「じゃあ、予約とメンバー決まったら、メールで教えてよ。」

と、日取りは決定してしまいました。

それでも、予約が取れなかった等の理由で、企画を流そうと思ったのですが、
直属の上司から、
「(役員の)あの人、異常に(ボウリング)ヤル気になってるんだけど」

なんて、上からのプレッシャーを掛けられたので、渋々ボウリング場を予約しました。

そして、メンバー集めに奔走したのですが、女子社員には、軒並み断られました。
仲良くしている他の部署の人にも、その部の女子社員も誘ってもらおうと頼んだのですが、1時間後に、
「俺って、人望ないんだよな~」と女子社員補完計画、全滅宣言。
余計な事で、落ち込ませてしまい、私も罪の意識が芽生えました。

で、結局、集まったメンバーは、オヤジ連中8人です。

そのメンバーでボウリングに行くのは、正直、気が重いというか、なにも心が弾む要素がありません。

それ以上に、心配なのが、こんなおっさんが一箇所に集まる事により濃縮される加齢臭により、ボウリング場で、異臭騒ぎになりはしないだろうかという事です。
f0144493_8404099.jpg

なにわともあれ、与えられたポジションで、それなりに、楽しみます。
気分は、「美しきチャレンジャー」です。
f0144493_8405173.jpg

OPの新藤恵美の唄は、面白いですよ。
リンクはこちら
[PR]

by zbat4481 | 2008-05-02 08:43 | DA WORLD