タグ:mixi ( 3 ) タグの人気記事

 

ネバエン流・話し方講座

f0144493_244810.jpg

本日は、ネバエンサマー流・話し方講座です。
別に教わりたくないと言われても、勝手にお教えします。

他の人から、知識人と思われる話術。
本日の課題は、「著名人の言葉より引用」です。
ここで重要なのは、人選です。
なるべく、そのジャンルの大御所っぽくて、説得力のある名前を出すのが、有効でしょう。

例1:「豆腐は、冷奴で食べるのが上手い。」

これをネバエンサマー風に言うと、こうなります。

「かの北大路魯山人(きたおおじろさんじん)も、“豆腐は冷奴に始まり、冷奴で終る”と言っていたが、本当、結局冷奴で食べるのが、一番飽きずにおいしく食べれるね。」

解説:
もう、食べ物のうんちくの時に最強の名前「北大路魯山人」です。
f0144493_263484.jpg

枕詞のように「かの」と先に付けると、より一層「魯山人」のネームバリューが上がった感じがします。
もちろん魯山人は、上記の事は、言っていません。でも、なんか言いそうという雰囲気が大切なのです。
このように、なにか、その人のコメントを入れると、さらに説得力がまします。
バスケで、単なるジャンプシュートを打つ前に、2-3フェイントを入れる感じです。
分かる人が見ると、「センスの塊、全身バネ」と思ってしまいます。

もし、周りの人が「へ~、あの魯山人がそんな事を」と言ったら、臆することなく、「本に書いたわけじゃなく、インタビューでのコメントだからね。」と言いましょう。だいたい、言いくるめられます。

例2:「赤いものを身に着けると運気が上がる。」

これをネバエンサマー風に言うと、こうなります。

「よく赤いものを身に着けると、運気が上がるといろんな人が言うけど、そのセオリーは、あのコーカサス出身の20世紀最大の神秘哲学者ゲオルギー・イワノビッチ・グルジェフも提唱していたな~。」

解説:
ここで、「Dr.コパ」や「細木数子」などを出すと、OLのトークになってしまいます。
一味違った知識人を演出したい場合は、「ゲオルギー・イワノビッチ・グルジェフ」でしょう。
f0144493_265929.jpg

この名前を出したら、誰も何も突っ込めません。「へ~そうなんだ」というしかないです。
哲学者でプラトンやソクラテスだと、なんか胡散臭さを見透かされてしまいます。
誰も、知らないぐらいの名前を出すのが、最も効果的です。これで、「俺のは、最近の流行で知った知識じゃないんだよ」と印象付けられます。

いかがだったでしょうか?

引用に使う名前は、誰でも良いんですが、横文字と漢字が混ざってるような名前は、どうにも胡散臭くなるので、避けましょう。「ネバーエンディングサマー北ヤンが・・・」=>もう、全然説得力がないです。

完全に架空の名前、例えば「あの高橋義和が・・」なんて言って、誰かが「高橋義和って誰?」って突っ込まれたとき、深追いせずに、「3年2組で一緒だった、あの高橋義和だよ」って感じで、笑いに持っていくのも1つの手ではあります。

さらに、アドバイスとしては、長い名前、複雑な名前の場合は、しっかり口に出して練習しておきましょう。噛んだら全ておしまいです。
私などは、よく役者が「アメンボ赤いなあいうえお」という替わりに、「コーカサス出身の20世紀最大の神秘哲学者ゲオルギー・イワノビッチ・グルジェフ」と、川原で発声練習をしています。

これで、あなたも、今日からネバエンサマーです。
DA WORLD
[PR]

by zbat4481 | 2007-07-01 02:10 | mixiバックナンバー  

北の国から‘07~発音~

ミクシィ日記から、好評だった日記をご紹介します。
f0144493_0404725.jpg

さだまさしの「北の国から」を、思い浮かべて「純」のつもりで読んでください。
♪アアーアアアアアーア アアーアアアアアー♪
♪ムムームムムムームム ムムームームームームームームー♪

僕も、なんだかんだで、アメリカ在住歴が長いが、やはり英語の発音で、苦労する事は、まだまだあるわけで。

仕事の取引先の担当者で、「John(ジョン)」という人がいる。まあ、ジョン・レノンと同じジョンだし、特に問題はないと思っていたわけで。

取引先に電話する。
オペレーターの人に、「May I speak to John(ジョン)?」
オペレーターの人も、軽く「オッケー」。
何も問題ない筈なわけで。
電話に出た人と話してると、いつもと声も違うし、話がかち合わないわけで。僕が、「Are you John(あなた、ジョン)?」と尋ねると。
「No, I'm Joe(ジョー).」「Oh, You want to talk to John(ジョ~ン).」
「何で、こんな事が伝わらないの?」って、僕は落ち込んだわけで。
こんなやり取りが、毎回あって、いつも「ジョー」が電話に出てきてしまうわけで。

なんか、向こうの人達の発音を聞いていると、「ジョ~ン」と結構こねた発音をしていた事に気づくわけで。

次の電話のときに、僕も半分やけになり、「John」の発音を父さん(田中邦衛)が僕を呼ぶ時の様に、「ジィョ~ン」と思いっきりこねてみた。
f0144493_0412537.jpg

・・・しばらくすると・・・
「Hello, this is John.」って、いきなり通じた。(マジかよ!)
f0144493_0443954.jpg

「父さん、今、父さんの偉大さが、わかるよ。」と感動したわけで。
♪アアーアアアアアーア アアーアアアアアー♪
♪ムムームムムムームム ムムームームームームームームー♪

とまあ、ショックですが、田中邦衛さんの方が、私より英語の発音が上手いということでした。
DA WORLD
[PR]

by zbat4481 | 2007-06-25 00:46 | mixiバックナンバー  

DA WORLD 発動!!

こんにちは、「ネバーエンディングサマー北やん」略して、「ネバエンサマー北やん」です。
f0144493_7535265.jpg

ミクシィで、半年ほど日記を書いてきましたが、この度、ミクシィからスピンオフして、今度は、このExciteブログで、私の世界観を、綴って行こうと思ってます。

ミクシィ会員の方は、ニックネーム検索で、「ネバエンサマー」と打ち込めば、私のページをご覧になれます。
f0144493_7293799.jpg

f0144493_7295073.jpg

f0144493_7301154.jpg

「“DA WORLD(ダ・ワールド)”とは、なにか?」といった事も、これから、明かしていきます。

今後とも、よろしく。
DA WORLD
[PR]

by zbat4481 | 2007-06-21 07:34 | ちょっとマジメ